キーワードからページ作成やサイト改善のヒントを探る(google analyticsにて)

どのキーワードで来ているか?探るのはサイト改善の基本ですし、何より自分が気になることだと思います。もちろん、アナリティクスを使って探ることができます。


google広告

サイト全体がどんなキーワードで選ばれているかを見る

keywordanalytics001

サイト全体が、どんなキーワードで来られているのかを調べるには、左カラム→集客→キャンペーン→オーガニック検索から調べられます。

ほとんどの方は、キーワードで一番多いのは (not set)なのでは?これはgoogle検索で来られたお客様で、googleは検索キーワードの結果をanalyticsに出さないみたいです。ウェブマスターツールを使えば、googleでどんなキーワードで来られたかは分かりますが、yahooとgoogleは、ほぼ同じ検索エンジンを使っています。そこで、この設定で得られたキーワードを見れば、ほぼどんなキーワードでサイトへ来られているかは把握できると思います。

あるページにフォーカスして、そのページがどんなキーワードからの来訪か調べる

サイト全体というより、あるページにフォーカスして、そのページへの来訪がどんなキーワードなのかを調べたい時ってあると思います。

keywordanalytics002

wordpressで今日の日付を表示すると、時刻がずれる問題を解決する。たとえば当サイトのこの記事は意外と人気というか、管理人自身も時々見直す記事。このページがどんなキーワードで来訪されるか調べてみます。

keywordanalytics003

左カラムの行動→サイトコンテンツ→すべてのページで期間中見られてトラッキングコードのある全てのページが掲載されてきます。プライマリディメンジョンをページタイトルにするとurl表示ではなくて、タイトルで表示されるのでこちらのほうがページを見つけやすいかも。そして目的のページをクリック。

keywordanalytics004
keywordanalytics006

上のタグのセカンダリディメンジョン→広告→キーワードをクリックすると

keywordanalytics007

このように来訪されたキーワードリストが入手できます。だいたいページ内容に一致していると思いますので満足。あとは、このページを調べたお客さんはほかにどんな情報が欲しいだろうか?なんて想像すると、次のコンテンツを作るヒントになりそうです。

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ