ワードプレスのバージョンアップをする時は、必ずバックアップを取る習慣を

ワードプレスを運用していると、バージョンアップ情報が出ると思います。
そのとき、読んでいますか?この表示(重要以下)。

blog002

今日は、バックアップをとって本当によかったという話。

 

バージョンアップをすると、、、?動かない

いままで、バージョンアップに失敗したなんてことはありませんでした。。。
けど、これって奇跡的な確率だったんですね。

先日、しばらく更新してなかったブログにログインして、バージョンアップすると、

blog003

こんなエラー表示。いつもなら、放っておけば「更新に失敗しました」と表示されて、
再度、更新するという流れなんですが、待てども待てども、このまま。

もし、バックアップを取ってなかったら・・・。
と思うと本当にぞっとします。

 

バージョンアップの前には必ずバックアップ

ワードプレスを運営されている方なら、あるあるネタなんですよね。
プラグインやテーマの更新なら、大丈夫だけど、
ワードプレスのバージョンアップのときは、結構PCが考え込むってこと。

焦って、更新ボタンを押すのではなく、まず大切なのはバックアップ。
Buckwpupが入っていないのなら、ブラグインに入れる。
そして、設定をしてジョブのnewボタンを押して、とりあえずバックアップを取る。

プラグインは、またダウンロードしてくればいいけど、
自分が書いた文章は、取り戻せません。

 

結局サーバーを引っ越すことに

当ブログでは、xreaを使ったブログ運営として書いてきましたが、
xreaとか、コアサーバーはセーフモードが使いにくい。。。

今後、ワードプレスのバージョンアップ版を考えた時にも、
どうしていこうかな。。。と考えていました。

そこで、バージョンアップに失敗したブログは
引っ越すことにしました。
評判のいいXサーバーなども考えましたが、やはりバックアップのリストアに成功しており、
低価格だけど、サポートサービスも充実している
さくらサーバーに引越をすることにしました。

xreaからさくらサーバへwordpress引越しの手順

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ