Word Press・ワードプレスをダウンロードする

Word Pressのダウンロード

さあ、いよいよWordPressをダウンロードします。
下準備が、長かったですね。

 

Word Pressのダウンロード

まず、WordPress日本語版のサイトにアクセス。
「WordPressをダウンロード」をクリック。
ちなみに、これを書いている現バージョンは、3.01です。

ワードプレスダウンロード

ダウンロードしたら解凍します。
(ジッパーがかかったファイルのアイコンを+Lhacaのアイコンにドラッグして解凍。)

 

wp-config-sample.phpの書き換え

解凍したファイルの中に、wp-config-sample.phpというフォルダがあるので、
必ず、サクラエディタ・秀丸などのテキストエディタで開きます。
メモ帳で絶対に開かない!!鉄則です。

ワードプレスのダウンロード

すると、このようなテキストが中にありますので、
下記の赤字部分を書き換えます

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'database_name_here');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'username_here');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password_here');

覚えていますか?
ドメインとMySQLの設定で、メモしておきましょうといったことを使います。

MySQLを設定したときのメモ

database_name_here → DB名
username_here → DBユーザー名
password_here → パスワード
・・・にそれぞれ書き換えます。

ちなみにメモを忘れたという方は、バリュードメイン→
サーバーアカウントの登録・管理・購入→ウェブ→入室→データベース
→該当のMySQLの確認ボタンを押すと出てきます

 

認証用ユニークキーの書き換え

さらに同じ、wp-config-sample.phpの中に

ワードプレス

すると、テキストが中にありますので、下記の赤字部分をごっそり書き換えます。
図の中のURL:https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/にアクセス。
文字列が出てくるはずです。それをコピーして、

define('AUTH_KEY', 'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_KEY', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_KEY', 'put your unique phrase here');
define('NONCE_KEY', 'put your unique phrase here');
define('AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_SALT', 'put your unique phrase here');
define('NONCE_SALT', 'put your unique phrase here');

上記部分をごっそり書き換えます。(ペーストします)
そして、このファイルを「名前を付けて保存」します。

ワードプレスのダウンロード

ファイル名:wp-config.php
(図では.phpがありませんが、その下段でphpファイルの指定をしています)
エンコードの種類:UTF-8
改行コード:改行=LF
で保存します。

ワードプレス内のファイル必要事項を書き変えたら・・・

いよいよ

wordpressをサーバーにアップロード

wordpressブログの初期設定をする・・・つまり

adminを削除して独自のユーザーネームをつける

未分類カテゴリーの変更、投稿欄のサイズ変更、サブタイトルの決定

自動アップグレードに対応

ドメイン直下での表示対応
という手順で進めていきます。

google広告

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ