google maps apiのapiキー入力必須、さらに一定量使用で課金ありに対応する

google maps apiのv3が登場したときは、apiキーなど必要なく、もちろん課金もありませんでした。しかし、その時代は終わりました。あなたが、google maps apiを使っていて初期のころの設定のままで放置している場合、対応が必要になりそうです。


google広告

対応しなければいけないこと

Google Maps API無償版のポリシー変更、猶予期間が10月12日で終了、地図が突然表示されなくなる可能性も – INTERNET Watch(2016年11月11日 06:00)

管理人は上記の記事でこの事実を知りました。この記事を読んでおられる方は、ぜひ一度目を通してみてください。対応することは以下の2つ

  1. apiキーを設定する
  2. 1日2万5千回以上地図表示させる場合、クレジットカード情報などを登録する

1はやっていない人は全員やる必要があります。2の2万5千回以上の地図表示は、なかなかのハードルで、管理人のサイトでは、ここまでアクセスはありません。しかし、今後に備えて、収益が得られないページにはgoogle maps apiは使わないことが基本になると思います。

たとえばお店の位置だけをお客様にお知らせしたい場合などは、https://www.google.co.jp/maps?q=緯度,経度のリンクで十分で、スマートフォンなどではgoogle mapsのアプリにリンクするのでこのほうが便利だと思います。

apiキーの取得に関して、以下が公式ページですが

Get a Key/Authentication  |  Google Maps JavaScript API  |  Google Developers

英語なので、こちらのほうが分かりやすくておすすめです。

APIキーの取得 | Google Maps API入門

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ