ドメイン管理とDNS情報の変更

ドメインとサーバーをつなぐ操作

これまでで、ムームードメインでドメインを取って、
xreaでサーバーをレンタルしました。

次は、いよいよこの二つをつなげる操作をします。

 

xrea (value domain)の操作

まずは、バリュードメインにログインして、無料ネームサーバー管理から、
「他社で取得されたドメインの新規管理」をクリック

ドメインDNSネームサーバー情報変換

この画面で、ムームードメインで取得した「wpblogdiy.com」を登録します。
画面下記の記載にもあるように、×「www.wpblogdiy.com」はダメです。

ドメインDNSネームサーバー情報変換

「こちら」からDNS情報の変更をします。

ドメインDNSネームサーバー情報変換

登録したドメインにチェックして変更ボタン。

ドメインDNSネームサーバー情報変換

この画面で、下記の赤いところに、以前メモしてくださいと書いた
@以下の情報を選んで入力します。
すると設定フィールドの表記が自動的に変わりますので、「保存」を押します。

 

ドメインDNSネームサーバー情報変換
 

ちなみに、下記の画面ですよ。覚えていますか?
メモするのを忘れたという方は、上部ログインでメニューを出して、
「サーバーアカウントの登録・管理・購入」で、メモ帳などにコピーペーストして、
再び、ログイン→DNS情報の変更から操作してください。

ドメインDNSネームサーバー情報変換

ムームードメインの操作

次にムームードメインの操作を行います。
ログインして、ドメインの「表示する」ボタンを押します。

ドメインDNSネームサーバー情報変換

コントロールパネルのネームサーバー設定変更をクリック

ドメインDNSネームサーバー情報変換

画面下段の「上記以外のネームサーバーを使用する」にチェックを入れて、
下記画面のように、
ネームサーバー1:NS1.VALUE-DOMAIN.COM
ネームサーバー2:NS2.VALUE-DOMAIN.COM
ネームサーバー3:NS3.VALUE-DOMAIN.COM
と入力し、下段のネームサーバー設定変更のボタンを押します。

ドメインDNSネームサーバー情報変換

上記図の下段にも注意書きがありますが、
設定変更が反映されるまで時間がかかる場合がありますので、
時間をおいてから次の操作をしましょう

 

ドメインのサーバー登録とDNS情報を変更したら・・・

ドメインのサーバー登録とDNS情報を変更したら・・・

www.がついても表示ができるようにすること+データベースMYSQLの設置
・・・という手順でサーバーの準備は終了。

wordpress運営に必要な無料ソフトを取得

wordpress本体をダウンロードして、一部カスタマイズ

wordpressをサーバーにアップロード

という手順で進めていきます。

google広告

同カテゴリ記事関連リンク ピックアップ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ